Home > 日記 > 映画

映画 Archive

ザボーガーも今年もまだ終わらないよ!

突然ですが今年の冬コミの予定を正式に告知いたします。
「わたりんち」今年の冬コミではひろひろき様の「夢先案内回覧版」(3日目土曜日 東ニ-15b)にて委託、『LightningStrikes』の再販のみとなります。

ホントに突然だ。

こういうのってページの先頭で発表すべきだからね。特に、委託させていただく以上は。
そのへんの話題は後述するとして昨日は新宿バルト9の「電人ザボーガー」最終上映舞台挨拶行って来ました。
上映20分前には座席の大半が埋まってるとか本当にザボーガー好きは半端ないなと思いながら、我輩は5回目にして最後の視聴。

前回(4回目)は寝不足と疲れで不覚にも寝ちまったけど今回は待ち時間中仮眠取ってたのでバッチり楽しんで見れました。

いくら疲れてても好きだってんなら寝るなみ。

今回の舞台挨拶は最後の上映の後、板尾創路さんと古原靖久さんのダブル大門、秋月玄の宮下雄也さんに加えサプライズゲストのミスボーグ佐津川愛美
さん&AKIKOの佐津川愛美さんと、豪華キャスト。そしてMCは噛みまくりの井口監督w
一旦全員挨拶した後ダブル大門の「電人ザボーガー!」の掛け声に合わせて会場全員で「ゴー!」と叫ぶとやはり登場、ザボーガー。

撮影時の思い出や、キャストが観客席に適当に投げて渡すサインボールプレゼント(残念ながら我輩のとこには飛んできませんでした)などあり大いに盛り上がり。

最後はまた監督とザボーガーの記念撮影で締めという事で、バルト9でのザボーガーの最後の雄姿を目に焼き付けて来たのでした。


そしてメインホールに設置されてたマシーンザボーガーも撤去される前に今一度接写。これに跨る日はもうないだろうな…




むしろ自分で作りなよ。

公道走れないっつーの。
まあしかし大体の事は以前の感想に描いたけど、やっぱり終盤のおっさんズの言葉にはなんというか心に染みる物があって、何度見てもすごいパワーをもらえる気がする。
幾つかセリフ挙げたいんだけど、これから上映開始する地域もたくさんあります。なのでこれから見る人たちのためにネタバレは控えます。

前に感想書いたとこで十分ネタバレしちゃってるけどみ。

全文を読む

ライダー大戦 MEGAMAX 見てキター!

今日はとうとう新宿バルト9の「電人ザボーガー」最終上映。挨拶会付きの舞台挨拶という事でまた見に行くのだぜ!

前回見に行った時はクライマックス直前で寝ちまったんだみよね。

今回はそんな事はない…と思う。でも寝不足だから事前に仮眠を取っておく。

今回で5回目だっけ?あんたの知り合いは軒並み「けいおん!」見に行ってる回数だよ。
てゆーか平成版ザボーガーそんなに好きなの?

そのあたりの話は超・感想のむしかえしになってしまうのだが我輩はあの映画好きだよ。
何より新しいザボーガーを大画面で見れる最後の機会だし。

それはそれとして今日は先日見に行った「仮面ライダー ムービー大戦MEGAMAX」の感想なのだ!

いやー、面白かったね今回のは。

うん!王道と言えば実に王道だがそれだけの映画ではなかった!

珍しく二人ともホクホク顔だみね。

じきるお姉ちゃんもしろうも最近文句ばかり言ってたですのに。

いや「ムービー大戦CORE」がタジャドルの顔見せでなんとなく作られた映画って感じだったりゴーカイジャーとセット上映だった「上様&オーズ」はやはり上様が持ってっちゃった印象が強かったんだけど、今回のはテーマがはっきり見えて良かった。

「将軍と21のコアメダル」だけどね、タイトル。

今回の映画はオーズとフォーゼにWも登場、伝説の7人ライダーに加えて映画オリジナルのライダーが敵味方3人+1も登場と大盤振る舞い、しかも数だけ揃えたわけでもないというのがウリであります。
地球に落下した流星群とそれによって発生した時空の穴、そこから飛び出してきたのは未来からやって来た「仮面ライダー」を名のる怪物。オーズになるためのメダルを失った映司がどう戦うのかが目玉となる前半部。
間にW編を挟みつつ、学園祭で盛り上がる学校での玄太郎と謎の少女なでしことの出会い。思わぬ初恋にどぎまぎする玄太郎がやけにダサかっこいい中盤部。

仮面ライダーWの時代から暗躍する財団Xがいよいよ牙を剥いて来る後半部と物語の盛り上げ方も文句なし。
今回はWの「運命のガイアメモリ」をも超えた見応えがありました。

ではスイッチオーン!

3!

2!

1!

ネタバレキター!という事で以下はネタバレ感想です。見てない人はご注意を!

その前にお前ら言うべき事あるだろみよ。

…はい、放送前フォーゼの事散々かっこ悪いとかバカにしててごめんなさい。

全文を読む

超・感想 劇場版「電人ザボーガー」

さて、そろそろネタバレにもならないと思うのでいよいよ語ろうと思う。「劇場版 電人ザボーガー」の事について!

ネタバレどころかもう上映終了してるとこ多いみよ。

いやその原稿がね…まあまだ間に合うはずなので。うん。


さて、この映画はうちのマスコット3人組も一緒に見に行ってきました。みなそれぞれに別の観点でこの映画を見ております。

昭和特撮大好き、じきるです~

面白けりゃなんでもいい、くるみだみ。

映画って初めて見るです、らいなです!

…という脳内設定でのレポという事です。

脳内とか言うな!ちゃんと今回は意味があるの!

ちなみに我輩もう3回見に行ってるので、結構穿った見方になっているかもしれません。
ネタバレ覚悟でこのレポを見た後でザボーガーを初めて見る、という方は頭を空っぽにして見てください。
あと、ダラダラ長いのでご注意を!

全文を読む

プリキュアDX2見てきました

昨日は年度末の調整もあり、月末だけどちょい強引に休みをとりますた。
「いろいろと」考えてたネタもあったのだけど、なんやかやで手が進まなかったので松戸のシネマサンシャインで「プリキュア オールスターズ DX2」を見てきましたよ。


もう3月末だし、そろそろ映画館も空いてるだろうと思ったら映画館大盛況。さすがに照れが入る我輩。どうしましょう。
レディースデーでお母さんが安くなる日だったんじゃない?
つーか今更恥だとか気にするような人生送ってないだろうみよ。明日のナージャのショーとか見に行ったみ?
あるいは早く結婚してお子さんを作れば堂々と行けるのではないですかな?
あー、それは一番ムリだみ。
そんな事正直に言ったらかわいそうですよ。
らいな、それフォローしてないよ。
うざいよお前ら!

全文を読む

孤独のシネマ

久々にまともな休みが取れたので、映画三昧にしゃれこんでみました。

まずは原作読んでて映画も見てみようと思っていた「涼宮ハルヒの消失」。
TV版第二期では雑誌の告知などに煽られながら完全に肩透かしを食った上にエンドレス(ryのディケ〇ド商法による映画化で、もしリアルタイムでわくわくして見ていたらきっとまた総統閣下的に憤っていたかもしれないが!
幸いにも第二期は一話も見ていなかったのでとりあえず怒りゲージは0なのである。

ただ、この「消失」を見る上でとてもとても重要なカギとなるエピソード「笹の葉ラプソディ」は見ておかないとなーとか思ってたらAmazonの価格が¥1000まで下がってたので前日ギリギリで予習できたのじゃよ。

すでに売り切れてるみね。
今日もやられやくさんによるとこの価格で4000本も売れたらしい。
投売り天国ですなあ。
んで、あとは何を見るかなあ…と探してたら、池袋のシネマサンシャインなら「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」も見れてまさに一石二鳥!
問題はどちらを先に見るかで…
よし、まずはFateで映画欲を軽く満たして、しかる後にデザートにハルヒとやらを所望するとしよう。

「リリカルなのは」も候補にあったんだけど、指定席チケット予約できる映画館が近くになかったので流れ次第…でも並んでまで見るのもなんだなー…とか思ってたら丁度「機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]」が話題になってたので、こちらは新宿のピカデリーでチケ予約。
が、この時点で一つ大きな問題が…
何かあったのです?
最後はハルヒで締めようかと思っていたのだが、時間的にガンダムが最後になってしまったのだ。
しまった…こうなったらFateを前菜としてハルヒをメインディッシュ扱いとしなければならないが、ガンダムはデザートにしてはこってりしすぎではないだろうか…
映画なめてんなよみ。
「孤独のグルメ」というより「かっこいいスキヤキ」になってますな。
まあとにかくチケットもバッチリ予約したので池袋へ出陣!

全文を読む

ホーム > 日記 > 映画

Return to page top