ホーム > タグ > 昭和ライダーが好きでしょうがない隊

昭和ライダーが好きでしょうがない隊

ライダー大戦 MEGAMAX 見てキター!

今日はとうとう新宿バルト9の「電人ザボーガー」最終上映。挨拶会付きの舞台挨拶という事でまた見に行くのだぜ!

前回見に行った時はクライマックス直前で寝ちまったんだみよね。

今回はそんな事はない…と思う。でも寝不足だから事前に仮眠を取っておく。

今回で5回目だっけ?あんたの知り合いは軒並み「けいおん!」見に行ってる回数だよ。
てゆーか平成版ザボーガーそんなに好きなの?

そのあたりの話は超・感想のむしかえしになってしまうのだが我輩はあの映画好きだよ。
何より新しいザボーガーを大画面で見れる最後の機会だし。

それはそれとして今日は先日見に行った「仮面ライダー ムービー大戦MEGAMAX」の感想なのだ!

いやー、面白かったね今回のは。

うん!王道と言えば実に王道だがそれだけの映画ではなかった!

珍しく二人ともホクホク顔だみね。

じきるお姉ちゃんもしろうも最近文句ばかり言ってたですのに。

いや「ムービー大戦CORE」がタジャドルの顔見せでなんとなく作られた映画って感じだったりゴーカイジャーとセット上映だった「上様&オーズ」はやはり上様が持ってっちゃった印象が強かったんだけど、今回のはテーマがはっきり見えて良かった。

「将軍と21のコアメダル」だけどね、タイトル。

今回の映画はオーズとフォーゼにWも登場、伝説の7人ライダーに加えて映画オリジナルのライダーが敵味方3人+1も登場と大盤振る舞い、しかも数だけ揃えたわけでもないというのがウリであります。
地球に落下した流星群とそれによって発生した時空の穴、そこから飛び出してきたのは未来からやって来た「仮面ライダー」を名のる怪物。オーズになるためのメダルを失った映司がどう戦うのかが目玉となる前半部。
間にW編を挟みつつ、学園祭で盛り上がる学校での玄太郎と謎の少女なでしことの出会い。思わぬ初恋にどぎまぎする玄太郎がやけにダサかっこいい中盤部。

仮面ライダーWの時代から暗躍する財団Xがいよいよ牙を剥いて来る後半部と物語の盛り上げ方も文句なし。
今回はWの「運命のガイアメモリ」をも超えた見応えがありました。

ではスイッチオーン!

3!

2!

1!

ネタバレキター!という事で以下はネタバレ感想です。見てない人はご注意を!

その前にお前ら言うべき事あるだろみよ。

…はい、放送前フォーゼの事散々かっこ悪いとかバカにしててごめんなさい。

全文を読む

大野剣友会 仮面ライブ レポート

すでに一週間前の話題でアレだけど、大野剣友会 仮面ライブ in永田町 行って来ました!
…ほんとならこういう時にでしゃばってくる奴がいたんだけどなあ。
じきるならすぐに食いつく話題だろうみね。
昭和の特撮の事なんからいなわかんないです。
というわけでレポートはいささか寂しいが、実際のイベントはとてもとても盛り上がりました!
今回のイベントの趣旨は昨年亡くなった大野剣友会の創始者・大野幸太郎さんを偲んで、大野剣友会を中心に昭和の仮面ライダーに関わった方達との同窓会のような催しを行うというものだそうで、終始おまつり気分で進んでました。

全文を読む

「仮面ライダー」と会った日

全く予兆などなかった。
朝起きて何気なくmixiを見てたら、仮面ライダーSpiritsコミュにこんな話題が上がっていたのだ。

大野剣友会 in 永田町 仮面ライブ:昭和

ライダーW見ながら速攻でメール出したものの返信はなくやっぱり朝じゃ間に合わなかったかなーとあきらめてかけたのだけど、なんと今日の午後2時から高円寺の「ゴジラや」でチケット販売するって言うでないの!
しかも岡田勝氏(大野剣友会の現ボス)のサイン会付で。

午前中は別途約束もあるしお昼過ぎたら例大祭でも覗いてみようかなーとか思ってた我輩、もはや迷いなく高円寺に行くことにしました。
ライダーの中の人なんて「仮面ライダーをつくった男たち」とか読んでなければ興味もなかっただろうにみ。
うるさいー!
例えたった一人でも我輩は「昭和ライダーが好きでしょうがない隊」隊長なのだ!
その我輩がこんなイベントに参加しないでどうするねん!

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(最終回)

いよいよ今回で最終回。なんとか1月中に更新終わった!
それになんの意味があるです?
いや、なんとなく1月中に上げないとキリがなくなっちゃいそうだなーと思って。
実はほんとに最初は二回くらいでおわらせようかと思ったんだけど、もう語る事語る事いろいろ出てきちゃってテキストが膨大になったから、この際7回くらいにしちゃおうと思って。
ほら、7回なら見出しも「第7号」でストロンガーと同じ数だし。
むしろそっちが主な理由でだらだら長続きさせてたんじゃないだろうみね。
…そんな事はないよ。

えー最終回という事でやはり最後は「新 SPIRITS」一巻のメインである一文字と、メインヒロインたるルリ子さんについてです。

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(6)

読んでる方達もいいかげんだれてきてるかもなーと思いつつ、まだまだ語り足りない事だらけの「新 仮面ライダーSPIRITS」。
いや、マジで7回は長いと思うみ。
今回のお話は「2号ライダー誕生編」に現れる「あの5人」の、ネタ部分について解説いたします。

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(5)

さあいよいよ後半戦。
ちょっと濃い目の話が続いたため今日はちょっと軽い話題のみにしよう…と思ったんだけど、なんかテキスト付け足しまくっていつものように濃い目の話になっちゃいました。
ようするにいつもの通りって事かみ。
今回のスポットは殆どの人が「この二人誰?」」な感じで活躍している「小暮」「石神」の二人にあててみます。


チャッチャチャーン・チャチャチャチャン♪

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(4)

全7回を予定しているこのシリーズも今回で4回目、折り返し地点にかかりました。
前半部は「1号ライダー哀闘編」という事で本郷猛にスポットを当てた話をメインとしてきましたが、今回からは他のキャラにスポットをあてて行きます。
解説の方も後半の「2号ライダー誕生編」に関しての事が多くなってます…が、残念ながら現在発売されている単行本一巻には途中までしか掲載されていないため、クライマックスの部分についてはあまり触れないようにしてきますので、ネタバレを気にする方々もご安心を。
実際1巻でも十分燃える展開で終わってて啓蒙活動は十分できるのでよし!
つーかようやく半分なのかみよ。

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(3)

さて、「仮面ライダーSPIRITS」を通して昭和ライダーの良さを伝えるべく始めたこのシリーズも第3回。
今回は本郷猛の「孤独と苦悩」をテーマにした話です。
このテーマ自体は「勧善懲悪を全否定している」と称する白倉某の毒電波を浴びてきた人々に「仮面ライダーとは何か」を伝えるためなわけですが。
いい機会なので「昭和ライダーが好きでしょうがない隊」(SSS隊)の発足をここに宣言する!
もうそのネーミングだけでだいぶダメっぽいという事はよくわかるみ。
SSS隊の入隊資格は「昭和ライダーが好きである事」だけ。昭和ライダーが好きになった時点で誰でもSSS隊員だ!
いや、別に入れて欲しいとは誰も思わないだろみよ。
あ、ただし白倉某は「のび太はダメ」っていうのと同じくらいダメ!絶対入隊させない。
近所のちっちゃい子がそうやって仲間はずれ作るの見た事ありますよ。

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(2)

さて、今日は第2回目。
突如始めた「新 仮面ライダーSPIRITS」の話ですが、いきなりマニアックな話ばかりでついてこれない人ばかり、あるいはわかる人はとっくに「新 仮面ライダーSPIRITS」買ってて「今更何言ってんだこのアホ」と思う人もいそうだけど、とりあえずやるだけの事をやっちゃいます。
普通にエロ絵描いてる方が喜ぶ人いるんじゃないかみ。
いいのー!もうテキストは書ききっちゃったんだからうpするだけなのー!SPIRITSの時は我慢もしたが旧一号ライダーがらみとなれば黙っていられないのー!
らいな様、こういうのを「知識をひけらかしたがるマニア」と言います。
忘れないうちにメモしておきますです。
人を珍獣みたいに言うな!
今や世界的にも珍しくない生き物だみけどね。
まあ今回はわかりやすい話として「新 仮面ライダーSPIRITS」の中で書かれるライダーのアクションについて語ります。
わかりやすいのかみ、それ。


本郷ライダーに関しては特にこのようにスチール写真を彷彿とさせるカットが多い。

全文を読む

大解説!「新 仮面ライダーSPIRITS」(1)

惜しまれつつも休刊となって久しい講談社のマガジンZ。
我輩自身はわりと好きなマンガも多かったマガジンZなのだけど、とりわけ気になったのは「仮面ライダーSPIRITS」の行方。
老若男女のライダーファンだけでなくさまざまな大人の事情も絡んでいるので「絶対」打ち切り同然に終わる事はないと思っていたが、結局月刊少年マガジンに移籍して(タイトルも「新 仮面ライダーSPIRITS」に変更されて)絶賛連載中・コミックスの一巻も発売中であります。



というか、マガジンZって他のマンガ何かあったっけみ?

失礼な事言うな!ウルトラマン・STORY0(ゼロ)もあるだろ!センセイさんに怒られるぞ。

でまあ肝心の「新 ライダーSPITITS」ですが、実は中断してた本編そっちのけでライダーファン永遠のミッシングリンク「旧一号ライダー編~二号ライダー誕生編」が展開されてました。
元々二号ライダー・一文字隼人の登場は仮面ライダー・本郷猛役の藤岡弘氏の事故によるアクシデントに対する緊急措置だったためで、その登場に関わる前フリとかエピソードは番組本編では描かれる事はなかった…というのはまあ諸君もご存知通りであるが。

知らんみよ。

じきるおねえちゃんならわかったと思いますですが。

ワタクシ達にはわかりかねますな。

まあ実際仮面ライダーSPIRITS読者の多くはこんな感じだと思うが…というか我輩も本放送は見られなかったし。

7人ライダー本放送~スカイライダー放映によるリバイバル当時の児童書やケイブンシャなどの大百科シリーズでは、そのあたりのエピソードはそれぞれ別個…というか勝手に語られていたが、概ねでは「一文字隼人はショッカーに捕らえられ、仮面ライダーに対抗するため同一体に改造されたのだが、脳改造直前に一号ライダーに助けられた」という認識で統一されていた。
オープニングの一部で一文字が手術台に縛られている映像などから、当時の子供には一人一人にはさまざまなエピソードが脳内補完されていた事でしょう。

で、今月発売の月マガから中断してたアマゾンVSガランダー編が再開した記念として我輩「渡志郎」の視点から「新 仮面ライダーSPIRITS」の『旧一号ライダー編~二号ライダー誕生編』を噛み砕いて解説していこうかと。


なおここではTV番組上のストーリーに沿っている第1話~2話を「本郷ライダー哀闘編」
一文字隼人を救出するオリジナルエピソード部分である第3話以降を「二号ライダー誕生編」とします。勝手に。

チャッチャチャ~ン・チャチャチャチャン♪

全文を読む

Home > Tags > 昭和ライダーが好きでしょうがない隊

Return to page top